バイアグラの解説

ED治療薬の中で1番歴史高く人気があるがあるバイアグラ。
そんなバイアグラの歴史や意外と知られていない情報をまとめました!

バイアグラについて

アメリカ

バイアグラの成分シルデナフィルは1900年代に狭心症の薬として開発されていました。

そしてHOMEでも紹介しましたが、バイアグラは全世界で始めて認可された「ED治療薬」で、 1998年にアメリカのファイザー社から発売されました。

翌年の1999年に勃起不全の医療用治療薬として初めて日本で正式に認可された 最も歴史があるのED治療薬がバイアグラです。

当時の日本での受け入れ

小見出し2

はじめ日本は個人輸入を通して、アメリカからバイアグラを購入する人が増えていていました。

その中にはバイアグラとの併用が禁止されている"ニトロ"を治療で使用している患者などがいて 死亡事故なども起こって、このままではいけないと政府も考え、異例の早さでバイアグラを承認しました。

そして1999年に医師の管理下で処方による薬として発売が開始されました。

小見出し2

しかし反対の声も多く見られ、理由として"性の乱れ"などを指摘する団体が多くいました。
今の日本では全面的に認められていて医療機関でも処方されています。

今のところ日本で承認されているバイアグラは、25mgと50mgのみなので 100mgに関しては海外から個人輸入して購入できます。
しかし日本人の身体に合った容量は最高でも50mg程度なので、100mgの場合はピルカッターで割って服用すると良いでしょう。

名前の由来

バイアグラ由来

「バイアグラ」という名前の由来は2つあります。

1.≪ナイアガラ説≫
vital(生きいきした)とNiagara(ナイアガラの滝)とする説があります。 バイタルの活力と、ナイアガラの滝のような激しく吹き出す勢いを合わせた言葉です。

2.≪タージ・マハール説≫
インドのアグラにある世界遺産タージ・マハールにはタージ・マハールを作った王様がいました。 王様には300人の妃がおり、王は精力が飛び抜けて強かったとされています。 しかし唯一愛した奥様が亡くなり、その悲しみを癒すために作った墳墓がタージ・マハールで、 その王様の精力絶倫の町の名「アグラ」から命名されたとする説があります。

このページの先頭へ