バイアグラの効果と副作用

やっぱり気になるのが効果ですよね!
実際にどんな効果があるのか・効果はどれくらい持続するのか
また副作用はどんなものがあるのか解説していきます。

効果

効果

バイアグラは、有効成分「クエン酸シルデナフィル」によって人間の体内にある勃起を抑制する 酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ5番)の働きを妨害し、 環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぐ効果があります。

それによって勃起不全を防ぎ十分な勃起に導きます。
勃起力の強化、勃起時間の延長、男性器の硬度を高める
等の効能が認められています。

バイアグラは精力剤とは異なり、性的な興奮を増大させることはありません。
あくまで血流を改善して勃起を促進するためのものなので、女性には効果がありません。

持続時間

継続時間

基本的にバイアグラは、服用後40分ほどで効果が表れ1時間後にピークを迎えます。

そして効果の持続時間は5~6時間と言われています。

性交渉の時間に合わせて服用すると良いでしょう。

副作用

副作用

バイアグラ服用者の9割が副作用を感じています。 バイアグラには血管を広げる効果があるので、その影響で「顔のほてり」と「目の充血」が現れます。
しかし、ほとんどの人に表れる症状なので、バイアグラの効果が出ているということになります。

その他には、軽度のめまいや動悸・消化不良・発疹・鼻づまりなどが表れることがあります。
このような症状は本当に個人差があるので、一概には言えません。

副作用は、バイアグラの効果が切れる(5~6時間たつ)と消えるといわれています。
しかし、継続したり強い副作用が現れた場合は医療機関での診断を受けてください。

このページの先頭へ